楽天ポイントの運用経過報告

前回がプラス261円でしたが、今回は、プラス245円と減少しています。

運用とはこんなものです。

コロナの影響でiDeCoの評価損益が一時マイナスとなり、その1年後プラス200万円超えることを経験すると肝がすわります。

無理やりポイントを消化するよりも、効果的に活用することを考えましょう。

ここは、ポイントは別腹と思えれば。

 

楽天証券口座を開設しているのでポイント投資も可能で登録もしていますが、米国株には使用できないことと、ポイントも少ないので、ポイント運用をしています。ある程度貯めることができればポイント投資にしたいと思います。ポイント貯まればすぐ運用を合言葉。

今回

4月27日現在 累計4500ポイント運用中

運用中ポイント 
4,745

運用益 +5.4% 前日比+0.3%

アクティブコース

 

前回

4月20日現在 累計4400ポイント運用中

運用中ポイント 
4,621

運用益 +5.0% 前日比-0.6%

アクティブコース

 

楽天ポイントを増やす方法として

①ポイント運用

②ポイント投資

の2つがある。

①ポイント運用は、証券口座開設不要で楽天ポイントを使って、気軽に運用の体験ができるサービスでアクティブかバランスの2つのコースから選ぶだけ!
めんどうな手続きなしで、すぐにはじめられるのがポイント。引き出したポイントは通常ポイントとして使える。「通常ポイント」が100ポイント以上あればポイント運用を始めることができること。ポイント運用には、アクティブコースとバランスコースの2つのコースがあります。
アクティブコース
日々の動きが大きく積極的な運用を目指すコースです。楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)の基準価額の値動きを原則反映します。
バランスコース
日々の動きが小さく安定的な運用を目指すコースです。楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)の基準価額の値動きを原則反映します。

 

②ポイント投資とは楽天ポイントを使って、株、投資信託やバイナリーオプション(NEW)を取引することができるサービスです。
現金を使わずに気軽に投資デビューできますが、証券口座開設が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です