ようやくマスク購入 保有株少し改善 休職待機中です

ようやくシャープCOCORO MEMBERSへの会員登録が完了しましたが、

個人のお客様向け マスク販売方法変更のお知らせ

~抽選販売への変更~

アクセス集中を緩和するため、販売方法を抽選方式に変更させていただくことといたしました。何卒、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ということとなりました。

今日は、何とかたまたまですがカインズで1人10枚入り一つですが手に入れることができました。

今は、どこのお店でも混乱を避けるため、朝一の販売はないようです。

年齢近いこともあり、岡江久美子さんの死去はとてもショックです。

私のできることは、不要不急の外出は厳禁です。

しばらく休職待機中ですが、私も皆も考えることは同じようで、断捨離中です。

私は、昔の会社で転勤が多く、もう7年くらい整理していなかったので、この1週間でごみ袋30は出しました。

まだまだ屋根裏にもあるのでやることは多いですが、徐々に片づけていきます。

株式は、少し上向くのか。一進一退。

数値は、2020年4月23日 PM15:00 現在です

日経平均 19,429.44  +291.49   NYダウ 19,429.44  +291.49

東証大引け 4日ぶり反発、海外勢が買い戻し 売買は低調
23日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、前日比291円49銭(1.52%)高の1万9429円44銭で終えた。米国の経済活動の再開期待や米原油先物相場の上昇を支えに、海外投資家による先物の買い戻しが断続的に入った。後場に上げ幅を拡大し高値引けとなったが、先物の売買が中心となり、東証1部の売買代金は3営業日ぶりに2兆円を下回るなど低調だった。

米国株式 3日ぶり反発 原油相場の混乱一服で ハイテクが堅調
22日の米国株式市場は主要3指数が揃って3日ぶり反発。ダウは前日比456.94ドル高(+1.99%)の23475.82ドルで終了。全30銘柄中、上昇は28、下落は2。原油相場の大混乱が一服したことや、ムニューシン米財務長官が米経済の大半が夏終盤までに再開するとの見通しを示したことで、幅広く買い戻された。化学ダウ(+3.11%)やネットワーク機器シスコ・システムズ(+2.98%)、アップル(+2.88%)が買われた。航空機ボーイング(-1.00%)とP&G(-0.23%)は逆行安。
ナスダックは同261.63ポイント高(+3.11%)の8664.63。指数に占めるウェイトが大きいハイテクが4%急伸し、指数を牽引した。
S&P500は同62.75ポイント高(+2.29%)の2799.31。全11業種が上昇。上昇率の大きい順にIT、エネルギー、公益となった。

区分 銘柄数 取得コスト 時価評価額 評価損益
特定預かり 18 1,838,200 1,589,950 -248,250
NISA 50 3,616,325 3,048,500 -567,825
一般預かり 1 126,400 217,150 +90,750
合計 69 5,580,925 4,855,600
-725,325

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です