岩塚製菓(2221)が、株主優待の配布基準を変更

岩塚製菓株式会社が、株主優待の配布基準を変更することを、2019年5月14日に発表した。

岩塚製菓の株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて『自社商品詰合せ』(例年はせんべいやおかきなどの米菓)を贈呈」というものだった。今後も自社商品が贈呈される点に変わりはないが、新たに長期保有優遇制度が導入されるほか、配布基準が一部変更になる。具体的には、配布基準が従来の「100株以上」「500株以上」「1000株以上」「2000株以上」から、「100株以上」「200株以上」「500株以上」「1000株以上」に変更される。長期保有優遇制度は、3月末時点で200株以上を3年以上にわたって継続保有する株主が対象となり、贈呈される自社商品の額面が1000円分アップする。

この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

岩塚製菓 株主優待制度変更2019

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です