60歳からの望みは個人型確定拠出年金

私の唯一の望みは、個人型確定拠出年金です。

60歳から65歳までの資金です。

最初の会社のものです。

5年間放置していました。

ようやく重い腰をあげました。

まずは、最小金額を拠出し、段階的に毎月の拠出額をあげていきます。

そして放置していた拠出金が運用できるよう定期で戻ってきました。

私としては、まとまった金額の運用になるので慎重になっています。

スイッチングを行うとは、定期を取り消し、運用商品変更することを

しなければ、大きな効果(失敗もある)が得られないということ。

どう運用するか熟慮中です。

もちろんネットサーフィンもしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

三本目の矢