ラ・アトレ(8885)が、株主優待を変更

配当利回りは、2.59%あるが、優待は受けにくくなる。

株式会社ラ・アトレが、「QUOカード」の株主優待を変更することを、2019年6月11日に発表した。ラ・アトレの株主優待は、毎年6月末時点と12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上~500株未満を保有する株主に『QUOカード』(500円分)を年2回贈呈。500株以上を保有する株主に『QUOカード』(1000円分)を年2回贈呈」というものだった。今後は、株主優待品が「QUOカード」から「宿泊優待券」に変更され、必要な最低株数も1000株以上に変更となる。具体的には「1000株以上を保有する株主に、2019年9月開業予定のホテル『Randor Residential Hotel Kyoto Suites(仮称)』の『宿泊優待券』(すべての部屋を半額で利用できる。最大5万円相当)を贈呈」となる。なお「Randor Residential Hotel Kyoto Suites(仮称)」は、ラ・アトレのホテル開発事業における協業パートナー・株式会社Satisfillが展開する「Randor」ブランドのホテル。Satisfillは2020年にも、同シリーズのホテルを複数開業する予定。キッチンや洗濯機などを完備した客室を用意している点が特徴。今回から贈呈されることになった「宿泊優待券」は、部屋や日程の制約はなく、空室があればいつでも利用できる。この株主優待の変更は、2019年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です