プレサンスコーポレーション(3254)が、株主優待を変更 改悪

株式会社プレサンスコーポレーションが、株主優待を変更することを2019年5月10日に発表した。

プレサンスコーポレーションの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上~400株未満を保有する株主に『VJAギフトカード』(2000円分)を贈呈。400株以上を保有する株主に『VJAギフトカード』(5000円分)を贈呈」というものだった。今後は、100株以上400株未満を保有する株主への株主優待が廃止となり、「400株以上を保有する株主に『VJAギフトカード』(5000円分)を贈呈」に変更される。プレサンスコーポレーションの株主優待の変更は、2020年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。なお、プレサンスコーポレーションは株主優待の改悪の背景について、「毎期の利益成長と配当性向の引き上げにより配当額を増加させていく利益還元を推し進め、株主還元を拡大していくことが適切であるとの判断に至」ったとしている。実際、2019年3月期の配当予想は、前期比11.1円増となる1株あたり40.5円。また、2020年3月期の配当予想は1株あたり52円と連続増配を予定している。

プレサンスコーポレーション優待改悪2019

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です