米国株とは

世界最大の経済大国であるアメリカ合衆国で取引されている株式のこと。アメリカでは、ニューヨーク証券取引所やナスダックなどの取引所で取引が行われる。ニューヨーク証券取引所は時価総額で世界最大の取引所で、最も上場審査が厳しいことで知られ、アメリカおよび世界を代表する優良企業が上場している。例えば、コカコーラ(KO)、ナイキ(NIKE)、ウォルトディズニー(DIS)など日本人にも馴染み深い企業が上場している。対して、成長力に富んだ新興企業が多く集まっているのがナスダック。特に、日本でも知名度の高いアルファベット(GOOGL、GOOG)、アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)などネット関連企業が上場銘柄にある。世界的有名・優良企業に投資するならニューヨーク証券取引所で、次世代のスター企業を探すならナスダックが適していると言える。

銘柄名の横にあるアルファベットは日本で言えば4ケタの銘柄コードにあたり、『ティッカーシンボル』と呼ばれる。米国株はこの社名に由来する1~5文字のアルファベット『ティッカーシンボル』で管理されている。

アメリカの株価指数とは

代表的な株価指数は、ダウ工業株30種平均で、「ダウ平均」や「ニューヨークダウ」と略され、ダウ・ジョーンズ社が算出するニューヨーク証券取引所またはナスダックに上場している30の代表銘柄の平均株価指数である。そのほか、アメリカの取引所(ニューヨーク証券取引所、ナスダック等)に上場していめ銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出されるS&P500も米国株の動向を表す株価指数として広く認知されている。

米国株の取引き方法

取引の方法は二つある。1つ目は、直接アメリカにある証券会社に口座を開設する方法。英語力が必要になってくるので除外。2つ目は、日本国内の証券会社で米国株取引の口座を開設する方法。私の場合は、野村證券のネット&コールですが、外国株は最近オンラインで開始、しかし、手数料の安価なネット証券から口座を開設します。ネット証券は、どこを選択すれば良いのか。私は、3つに絞り込みをしました。マネックス証券、SBI証券、楽天証券です。比較しているサイトは多いが、取り扱い銘柄が約3400銘柄と多く、発注時間が24時間可能で、注文方法が成行・指値・逆指値・ツイン指値・連続注文・トレールストップがてきるマネックス証券の強み。SBI証券は、取り扱い銘柄は約2300銘柄、米国株やETFを株数や金額指定で買付ける定期買付ができる積立てたい人向き。発注時間は、10時30分から19時までと19時30分から翌6時まで。楽天証券は、取り扱い銘柄は約2300銘柄で総合口座を開設していれば、即米国株の取引ができる。手数料の1%分のポイントが貯まる。発注時間は、15時から翌6時。楽天証券とSBI証券の注文方法は、成行と指値のみ。

・米国市場の取引き時間

国株市場は、現地時間の朝9時30分~夕方16時まで開いています。日本のように昼休憩はありません。夏時間であれば、日本時間の夜10時30分から翌朝5時まで、冬時間であれば、日本時間夜11時30分から翌朝6時までが取引時間となります。
また時間外取引という、市場が開く前後の時間にも取引が活発に行われており、証券会社によってはその時間帯でも取引が可能となっています。

米国株の魅力 メリット デメリット

世界的な有名企業にに投資ができる。米国株は成長力が高い。過去30年間で日経平均はマイナス30%の成績ですが、NYダウは12倍になっている。国としての成長力も高く、過去30年のGDP成長率は日本の1.6倍に対して米国は3.6倍。米国では株主還元を重視している企業が多く配当も充実している。ただし、利益の多くを配当に割り当てることに繋がると、企業の内部留保が少なくなる状況を生み出すと言うリスクもある。内部留保が少ないということは余裕資金が少ないということになり、想定外の赤字を出した場合に企業経営が成り立たずに急速に企業価値が減少する可能性を秘めている。売買単位が1株なので、有名銘柄も含めてほとんどが1万円から2万円で買える。米国株の最大のネックとなっていた売買手数料もマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社は今年の6月まで売買の手数料が5米ドルだったが、7月に手数料の引き下げ競争が起こり、横並びで約定代金の0.45%となり、少額の買付もやりやすくなった。メリットもデメリットも含んでいるが、以前は円を米ドルに両替した後でないと、米国株を買えなかったが、3社とも日本円から直接米国株を買うことも可能になった。円高のときに円をドルに両替しておけば、株価の値上がり益だけでなく為替で儲けることもできる。

*日本株との違いポイント

①1株単位から取引が可能
日本株には取引所が定める単元株制度がありますが、米国株はすべての銘柄が1株単位で購入することができます。これにより、小さい投資金額からでも米国株投資を始めることができます(ただし、手数料は割高となります)。

②ストップ高、ストップ安がない
米国株市場では、日本株のように1日の値幅制限であるストップ高やストップ安のルールがありません。このため、需給次第では暴騰や暴落があり得ます。

③配当金の分配頻度が多い
日本株の場合、配当金の分配頻度は年2回が一般的です。一方で、米国株は四半期に1回、つまり年4回配当を実施する企業が多く見受けられます。同じ利回りだったとしても、早く手元に入った方が嬉しいですよね。

*税金は日本と異なる

株式を売却した時に課せられる売却益は、米国現地では非課税ですが、日本国内にて20.315%の税金がかけられます。
配当金については、配当金額に対して現地源泉税を10%徴収された後、日本国内で20.315%の税金が徴収されます。ただし、本籍が米国ではない銘柄の場合、本籍地の税率が適用されるため、必ずしも10%であるとは限りません。

※確定申告において外国税額控除の適用を受ける場合など上記と異なる場合があります

*株主優待はありません。

最初の一歩 口座開設 2019年10月2日 10月中旬取引可能

今回は、楽天ポイントも使用できるということで楽天証券に総合口座開設申し込みました。2019年9月29日ウェブサイトから簡単に申し込みが完了しました。本人確認書類のアップロードをし、審査手続きを完了。そして10月2日に口座開設の手続き完了。ここから1週間で取引開始ができる書類が届くとのメールが入りました。取引開始まで10日くらいはかかりました。ウェブサイトでこの期間なので文書ではもっとかかるということになります。思い立ったらすぐに行動を起こさないと時間は取り戻せない。

取引開始 2020年2月1日から

そして4か月後の2月1日めでたく指値ではなく成行で約定しました。かなり時間が経過しましたが、米国市場があまりにも株価上昇しすぎていて躊躇しておりました。まずは1銘柄から市場に興味を持ち変化を経験するということです。そして、米国株に関してのブログ、ウェイブ記事などを読むと頭に入ってきます。

米国市場休場日:2020年

米国市場の休場日土日以外で日本との違いを認識。月曜日23時30分開始、あれっ米国市場が動いていないぞと思っていたらこういうことでした。

日付 曜日 日本市場 米国市場
2020/1/1 元旦 New Years Day
2020/1/2 休日
2020/1/3 休日
2020/1/13 成人の日
2020/1/20 Martin Luther King, Jr. Day
2020/2/11 建国記念の日
2020/2/17 Washington’s Birthday
2020/2/24 振替休日(天皇誕生日)
2020/3/20 春分の日
2020/4/10 Good Friday
2020/4/29 昭和の日
2020/5/4 みどりの日
2020/5/5 こどもの日
2020/5/6 振替休日(憲法記念日)
2020/5/25 Memorial Day
2020/7/3 Independence Day
2020/7/23 海の日
2020/7/24 スポーツの日
2020/8/10 山の日
2020/9/7 Labor Day
2020/9/21 敬老の日
2020/9/22 秋分の日
2020/11/3 文化の日
2020/11/23 勤労感謝の日
2020/11/26 Thanksgiving Day
2020/12/25 Christmas
2020/12/31 休日

 

楽天証券の米国株式取引

日本時間8時~、土日含む休日も、米国株式の注文受付が可能に!

多くのお客様のご要望にお応えし、2020年2月16日(日)より、米国株式の注文受付時間を大幅に拡大いたします。
お客様が米国株式を「買いたい」「売りたい」と思った時に、いつでもご注文いただけるようになります。

要約すると
  • 米国株式の注文受付が早朝8時から可能に!
  • 土日含む休日も注文受付が可能に!
  • 円貨決済も外貨決済も対象!

米国株式の注文受付が早朝8時から可能に!

現在、米国株式の注文受付開始は日本時間15時からとなっていますが、今回の注文受付時間の大幅拡大により、日本時間8時から注文受付が可能となり、通勤時間やお昼の休憩時間など、お好きな時間帯でご注文いただけるようになります。また、土日含む米国市場休場日もご注文可能となります。もちろん、決済通貨や執行条件、口座区分は問いません。

注文受付時間の変更点

米国株式の注文受付時間及び市場取引時間(日本時間)

旧(2020年2月15日(土)まで)

新(2020年2月16日(日)より)

 ご注意

  • サマータイムは取引開始・終了時間が通常時間よりも1時間早くなります。
    通常時間   23:30~翌6:00
    サマータイム 22:30~翌5:00
  • 月曜日~金曜日の13:50~14:20は「外貨決済で米ドル建てMMF(GS)含む」での注文は受付しておりません。
  • 月曜日~金曜日の16:00~17:15は「円貨決済」での注文は受付しておりません。
  • 取引日にコーポレートアクション(CA)が発生する場合、該当銘柄の注文受付開始が通常より遅れる場合があります。
    詳細はウェブログイン後、「海外株式」の「銘柄情報(株式分割・併合等)」にてご確認ください。
  • 土日含む米国市場休場日に注文する場合、期間指定注文(最大90日先まで)の起算日は翌営業日となります。

他社比較

楽天証券 SBI証券 マネックス証券
8:00~翌6:00 9:00~翌6:00
(19:00~19:30を除く)
24時間
土日可 土日可 土日可
  • 米国株式を取り扱っている主要ネット証券(口座数上位3社:SBI証券、マネックス証券、楽天証券)で比較。(2020年1月31日時点)

マネックス証券

楽天証券

SBI証券

 

証券会社比較

米国株式の

楽天証券の米国株式・ETFの最低手数料は業界最低水準!

最低手数料0米ドル
約定代金が2.22米ドル以下の場合、手数料は無料。

最高手数料20米ドル
約定代金が約4,444.45米ドル以上の場合、1取引当たりの手数料は上限の20米ドル(税抜)のみ!

当社指定の米国ETFの買付手数料は無料!
米国ETFへの投資を応援するため、当社指定の米国ETFの買付手数料は無料でお取引。

1取引当たりの手数料
約定代金の0.495%(税込)
最低手数料 0米ドル
最高手数料 22米ドル(税込)
MENU