PER (株価収益率)  将来的に会社が稼ぐ力に対して株価は安いか高いか

お得の目安は➡15倍以下

予想PER(倍)=株価÷1株当たりの予想当期利益

会社が稼いできた実績ではなく、これからいくら稼ぐかという予想から出した予想PERで考える。一般的に、予想PERが15倍以下なら会社の実力に対して株価は割安といわれる。つまりお買い得ということ。

PBR  (株価純資産倍率) 今、会社が保有する資産に対して株価は安いか高いか

お得の目安は➡1倍以下

PBR(倍)=株価÷1株当たりの純資産

会社が解散する時には、会社の純資産を株数に応じて株主に分配する。この1株当たりの純資産が、株価よりも高ければ、今解散した方が儲かるということで、株価は割安ということ。割安の目安は1倍以下。

配当利回り 年間でもらえる配当額に対して株価は安いか高いか

お得の目安は➡3倍以上

配当利回り(%)=1株でもらえる年間の配当額÷株価×100

株を買ったお金の何%が配当として年間手元にもどってくるかが分かる。配当利回りは3%を超えてくると高い方。もちろん順調満帆な会社であることも重要。ただ成長を優先して配当を出さない会社もある。

ロールオーバー NISA口座で保有している有価証券の非課税期間を延長させることです

NISA口座で保有している有価証券の非課税期間は通常5年間。 しかし、所定の手続きを行いNISA口座で保有している有価証券を翌年のNISA枠に移すことにより、非課税期間を最大10年まで延長させることができるという制度です。

キャッシュフロー 一定期間内の資金の流れ、または現金(現金同等物)の収支のことを意味します。

キャッシュフローとは、一定期間内の資金の流れ、または現金(現金同等物)の収支のことを意味します。資金の流出をキャッシュ・アウト・フロー、資金を流入キャッシュ・イン・フローといい、これら2つを合わせたものがキャッシュフローとなります。

会計上の「利益」では実際のお金の流れは分かりません。そこで、最近では企業の状態を知りたいときにキャッシュフローを参考にすることが少なくないようです。

キャッシュフロー計算書 一会計期間のキャッシュフローを表す。

一会計期間のキャッシュフローを表したキャッシュフロー計算書は、貸借対照表・損益計算書と合わせて財務三表と呼ばれています。キャッシュフロー計算書は以下の3項目に分かれます。
1.営業活動によるキャッシュフロー:本業の事業による資金の増減
2.投資活動によるキャッシュフロー:設備投資や株や証券及び固定資産の売買などに伴うお金の流れ
3.財務活動によるキャッシュフロー:借金やその返済、増資、株主への配当金支払いなどに伴うお金の流れ(借入でプラス、借入金返済や配当金支払いでマイナス)

なお、上記1から2を差し引いたものが企業が事業活動により生み出されたお金で、「フリー・キャッシュフロー」といいます。

キャッシュフロー計算書から見える企業の状態

例外もありますが営業キャッシュフローがプラスなら営業状態が良好、投資キャッシュフローがマイナスなら設備投資に積極的です。また優良企業は財務キャッシュフローがマイナスとなっている場合が多いといえます。

株価キャッシュフロー倍率   株価を1株当たりキャッシュフローで割ったもの。

株価を1株当たりキャッシュフローで割ったもの。
同業他社などと比べて株価が割高か割安かを判断するための指標です。基本的に、この数値が低いほど、その株価は割安であると考えられています。「PCFR(プライス・キャッシュ・フロー・レシオ:price cash-flow ratio)」ともいいます。同様の判断に利用される株価収益率(PER)などとは違って、国ごとに異なる会計基準の影響を受けにくいことから、国際的な株式投資の指標として重要視されています。

PERやPBRと同様に数値が低いほど割安で、数値が高いほど割高とみる。

 

VWAP ()Volume-weighted average price)、売買高加重平均価格のこと

売買高加重平均価格のことで、当日の取引所で成立した価格を価格ごとの売買高(出来高)で加重平均したものをいいます。 VWAPは、平均的な約定価格としてリアルタイムに表示され、主に機関投資家が株の売買時の目標値として用いています。

Volume-weighted average price