IPO 2021年 参加結果 現在はありません

野村證券と楽天証券のみの参加となります。

当選すればラッキーというスタンスです。

野村證券は、当選時に入金が必要ですが、楽天証券は、抽選申し込みに入金が必要となります。

2019年にカクヤスが当選し、結果的に2020年年末に利確しましたが、もっと早い段階で売却すべきだったと反省することができました。欲を出さないこと。

即売却すること。ただ仕事をしているので難しいかも。

2020年ら数銘柄申し込みましたが、ことごとく落選を繰り返しました。

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。