1.オリックス 特定預かり

配当+優待利回り 4%以上、株価低迷もこのまま長期保有。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
8591  オリックス その他金融業 100   1811
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.11 3月、9月 3月 、9月 あり ふるさと優待

特色 リース手始めに生保、不動産など多角化、海外展開突出。エネルギー、空港運営など事業投資も

解説記事【反 発】米国や欧州で買収した事業が稼ぐが、国内の金融やリースが苦戦。事業売却益あっても純益減少。21年3月期は訪日客減が関空やホテルに打撃。ただ国内再生エネや海外買収事業を頼りに純益小幅増。
【大阪IR】応募は当社と米MGMの連合のみ、6月にも最終決定。格付け維持へ所要資金はハイブリッド債での調達準備。後発医薬品メーカーの小林化工を子会社化。

優待内容詳細

2.黒谷 NISA

配当+優待利回り 4%以上、株価低迷もこのまま長期保有。100株の次は、500株以上、1000株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
3168 黒谷 卸売業 100  501
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.11 2月、8月 8月 なし QUO カード

特色 銅スクラップと船舶用スクリュー向け銅インゴットの販売・回収が2本柱。美術品鋳造も展開

解説記事【黒字化】スクラップ販売量やや減少。銅インゴットも低水準。だが銅市況の回復が寄与。期中平均1t6100ドル想定で、前半はほぼ同水準。仏具や美術工芸などは貢献小。後半も銅市況が想定水準以上を前提に営業黒字化。営業外はヘッジ損益で変動。
【開 拓】取引先の新規開拓や新たな材料、商材への取り組みを検討。加工品の品質向上図る。外注のスクラップ運搬効率化。

優待内容詳細

3.日本たばこ産業 特定預かり

配当+優待利回り 4%以上、株価低迷もこのまま長期保有。100株の次は、200株以上、1000株以上、2000株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
2914 JT 食料品 200  2872
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.12 6月、12月 6月、12月 なし PB商品等

特色 たばこが事業の中核。M&Aで海外たばこ事業を拡大中。食品・医薬品も展開。飲料事業撤退

解説記事 【続 落】海外は現地通貨安でも新興国中心に値上げ効果。ただ国内は加熱式が競争激しい。紙巻きは4月から飲食店など屋内禁煙の影響で数量減拍車。医薬がHIV薬消滅で失速。連続減益。連続増配止まる。
【無 煙】屋内禁煙化による代替需要見込み、かぎたばこ新商品投入。10月たばこ税増税で1本1円増、次は来年10月。保有していた韓国たばこ大手KT&G全株売却。

優待内容詳細

4.ダイコク電機 NISA

配当+優待利回り 4%以上、株価低迷もこのまま長期保有。100株の次は、300株以上、500株以上、1000株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
6430 ダイコク電機  機械 100  1690
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.12 3月、9月 9月 あり カタログ

特色 ホール向けコンピュータシステム最大手。パチンコ・パチスロ向けユニット製造と2本柱

解説記事【復 調】情報システム下期反落。制御システム通期低調、開発費増も誤算。償却も増。営業益は会社計画へ若干上乗せ程度に。21年3月期は遊技機が買い替え需要増。制御は新機種向け増え好転。情報はホール業界の投資優先度後退懸念でも、営業益復調。
【更新需要】次世代ホールコンピュータは更新需要狙い21年度に19年度比倍増狙う。各台計数機も顔認証を武器にシェア拡大。

優待内容詳細

5.伊予銀行 NISA

配当+優待利回り 4%以上、株価低迷もこのまま長期保有。100株の次は、1000株以上、5000株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
8385 伊予銀行  銀行業 100  667
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.12 3月、9月 3月 なし 特産品

特色 愛媛から瀬戸内へ展開。資金量は四国一。中小企業、個人に強み。香港に支店。頭取は生え抜き

解説記事【増益続く】船舶やクロスボーダー融資堅調、円貨融資は利回り低下を量で補う。与信費用増加だが、利益上振れ。21年3月期も企業向けに加え住宅ローン金利も下げ止まり預貸収支は増加。有証運用も積極化。
【デジタル戦略】住宅ローンをスマホで申し込めるアプリ『HOME』が本格稼働。店舗でタブレット活用し事務量の軽減効果が発現。次世代型店舗の余戸支店を4月開設。

優待内容詳細

6.スズデン 特定預かり

配当利回り 4%以上、優待廃止後もこのまま長期保有。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
7480 スズデン  卸売業 100  1,304
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.23 3月、9月 廃止 廃止 廃止

特色 FA用制御機器が主力の技術商社。オムロン代理店の首位格。電設資材の比重高い。電子機器も

解説記事【底打ち】柱のFA機器は半導体製造装置関連向け不振。主顧客の設備投資も鈍調。営業益続落。21年3月期は半導体製造装置関連向け底打つ。省人化・自動化投資も徐々に増。電設資材も向上。営業益下げ止まり。
【力 点】ロボットや自動車、IoTの部門を統合、顧客の課題を解決する営業を強化。新型肺炎で顧客の投資抑制や部材の納入遅れなど響けば表記利益から下振れも。

7.東武住販 NISA

配当+優待利回り 4%前後、このまま長期保有。100株の次は、1000株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
3297 東武住販 不動産業 100 1,234
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.23 5月、11月 5月 なし 特産品

特色 山口、福岡県を地盤に中古住宅の再生販売事業を展開。販売価格1500万円以下の物件が中心

解説記事下振れ】柱の中古住宅再生販売は工事済み物件が不足し前半苦戦。仕入れ強化で広告宣伝費も膨らむ。在庫積み増し後半に巻き返し図るも、前半の下振れ分を補いきれない。前号比で営業増益幅縮小。21年5月期は工事済み在庫平準化で営業増益続く。
【基盤固め】21年5月期から次期中計が始動。営業増員など経営基盤強化継続の見通し。既存拠点は担当エリアの拡充に注力。

優待内容詳細

8.ゲンダイエージェンシー 特定口座預かり

配当利回り 4%以上、このまま長期保有。問題は、NISA枠の残がなく特定口座預かりなので節税が。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
2411 ゲンダイエージェンシー 情報・通信業 100  513
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.24 3月、9月 なし なし なし

特色 パチンコ店の広告取り扱い専業1位、チラシなど紙媒体からネット活用拡大へ。他業種向けも

解説記事【低 迷】制作受託は伸長。が、主力の広告は減少続く。営業益続落。21年3月期はホールの新規則機購入費用増、新型肺炎による出稿自粛で特に上期は広告減。下期好転、動画制作受託の新規顧客開拓でも及ばず。営業益低迷。カジノ関連減損特損一巡。
【是 正】ネット活用、動画制作など広告ノウハウをテコにホール業界以外の顧客開拓に注力。動画広告ではM&Aにも意欲。

9.CKD 特定口座預かり

配当+優待利回り 4%以下、株価低迷もこのまま長期保有。100株の次は、500株以上、1000株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
6407 CKD 機械 100 1,210
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.24 3月、9月 3月 なし QUOカード

特色 省力・自動機械の大手。管球製造装置、薬品包装機、半導体用薬液制御機器などで高シェア

解説記事【V字回復】自動機の採算管理効く。半導体関連も第2四半期底。減益幅縮む。減配幅縮小も。21年3月期は自動機横ばい。中国混乱影響残るが、メモリ投資様変わり。流体機器の操業度急上昇。空圧機器も半導体効果。
【新株予約権】当初行使価額で最大95億円調達。まず東北工場にクリーンルーム導入、北米で流体機器の現地生産へ。インド空圧機器の拠点新設も。併せて電動制御育成。

優待内容詳細

10.アサヒペン 特定口座預かり

配当+優待利回り 4%以上、このまま長期保有。100株の次は、500株以上保有での内容変更。

コード 銘柄 業種 保有数 取得コスト
4623 アサヒペン 化学 100 1,794
約定日 配当落日 優待権利月 長期保有制度 優待内容
18.10.25 3月 3月 なし PB商品

特色 家庭用塗料の最大手、国内シェア3割。ホームセンター等の販路生かして園芸・日用品等も展開

解説記事【連続増益】柱の塗料は家庭用が堅調、工業用も拡大。園芸用品も好調だが物流費が想定以上で前号より営業増益幅縮小。21年3月期は園芸用品が前期並み確保。塗料が家庭用、工業用ともに伸びる。価格転嫁も浸透し、物流費高止まりだが営業増益確保。
【好採算】壁紙に貼っても簡単に剥がせる装飾シートなどの改良品開発に注力。新規の販路開拓を模索、ネット販売も強化へ。

優待内容詳細