PER (株価収益率)  将来的に会社が稼ぐ力に対して株価は安いか高いか

お得の目安は➡15倍以下

予想PER(倍)=株価÷1株当たりの予想当期利益

会社が稼いできた実績ではなく、これからいくら稼ぐかという予想から出した予想PERで考える。一般的に、予想PERが15倍以下なら会社の実力に対して株価は割安といわれる。つまりお買い得ということ。

PBR  (株価純資産倍率) 今、会社が保有する資産に対して株価は安いか高いか

お得の目安は➡1倍以下

PBR(倍)=株価÷1株当たりの純資産

会社が解散する時には、会社の純資産を株数に応じて株主に分配する。この1株当たりの純資産が、株価よりも高ければ、今解散した方が儲かるということで、株価は割安ということ。割安の目安は1倍以下。

配当利回り 年間でもらえる配当額に対して株価は安いか高いか

お得の目安は➡3倍以上

配当利回り(%)=1株でもらえる年間の配当額÷株価×100

株を買ったお金の何%が配当として年間手元にもどってくるかが分かる。配当利回りは3%を超えてくると高い方。もちろん順調満帆な会社であることも重要。ただ成長を優先して配当を出さない会社もある。

ロールオーバー NISA口座で保有している有価証券の非課税期間を延長させることです

NISA口座で保有している有価証券の非課税期間は通常5年間。 しかし、所定の手続きを行いNISA口座で保有している有価証券を翌年のNISA枠に移すことにより、非課税期間を最大10年まで延長させることができるという制度です。